カード利用型の借り入れの注意点

金融 カードローンを現在検討している方について、カードローン特有の色々な注意点について事前に紹介していきます。一見するとメリットであるかのように見えて、利用者に取ってはそうではない場合もありますので、注意が必要です。
まず通常の借り入れとカードローンが最も大きく異なる点は、借り入れ方法と返済方法が非常に沢山のサービスがあり、利用者の選択肢が非常に多いという点にあります。同時に、これらのサービスの選択は利用者に独自のメリットを与えますが、同時に金銭上のデメリットも与える場合があるという事です。ではその具体的な例を挙げて解説していきましょう。
まず借り入れですが、カードローンは融資枠が設定されますので、上限融資額が大きい金額になるのですが、最近のカードローンは融資額が少額からでも可能になっており、小口カードローンを兼ねる様なサービスになっています。これは利用者から見ると少額借り入れも可能な訳ですから、非常に便利に見えるのですが、その一方でデメリットもあります。最近のカードローンは0円から50万円迄、50万円から100万円迄と概ねある程度きりのいい金額によって、それぞれに金利が設定されています。この金利は金額帯によって異なりますので、借り入れについて金利が一定ではありません。
従って金利面での優劣をつけてサービスを選択しても、あまり意味がないという事、また希望する金額帯に絞った借り入れをして返済計画を組んでもそれ以外の使い方をしてしまう可能性が高いというリスクがあります。計画にない借入金額では当然金利は変わりますので、返済計画を立てても意味がありません。要するに今迄の借り入れの半場常識となっていた金利面の優劣で金融機関を選択するという手法がカードローンではあまり役に立たないという事なのです。
次に返済方法についてのリスクですが、カードローンでは返済方法が利用者によって選択できるようになっていますが、その中でスライド型返済という手法が最近多くなってきています。これは返済方法について毎月の返済金額が固定化されるという事なのです。利用者に取っては借入金額に関係なく毎月の返済金額が少額で済むという事が一見大きなメリットに見えますが、実は借入金額が大きくなる程、返済回数が多くなるので、支払金利が増大し、非常に支払総額が増えるのです。金利の低いサービスを選択してもこのタイプの返済方法を選択すると全く意味がありませんので、注意が必要です。
この様にカードローンの場合は利用者が有益に利用する為には申し込むサービスによって注意が必要となります。くれぐれも選択を誤らないようにしてください。

カードローンは借り入れ方法に注意を

金融 カードローンサービスを利用した場合に利用者が注意すべき事柄はいくつかありますが、今回は借り入れ時についてのカードローンの注意点を紹介しましょう。
借り入れ時に注意すべき事は、まず借り入れの方法が多様化してきているという事です。通常であれば金利の低いサービスが金融機関で優劣を決定する際に、大きな要素になっていたのですが、最近のカードローンサービスではそうも言えない状況があるのです。最近の借り入れは非常に低額な金額から借り入れが可能になってきているので、小口融資の様なサービスが可能になっている反面、金利が借入金額毎に設定され、借り入れる金額毎にその金利は変動する様な仕組みになっています。
したがって利用者が想定する借り入れ金額によって金利は変動し、金融機関によってその金利の優劣は異なる事があり得る訳です。よってカードローンサービス自体が金利最優先ではなく、サービス内容重視に方向が変化してきている事を利用者が理解する必要があるのです。従って、借り入れ金額をある程度絞った利用方法を考える等、利用者独自に有益な利用方法を考えるようにしなければならないのです。

カードを利用した借り入れの返済は注意すべき

金融 最近のカードローンの返済方法は非常に沢山のオプションの中から、利用者が選択できる自由度があります。しかしながらこの自由度も選択の場合によっては利用者により多くの返済金額を増やす結果になりうるのです。
通常は返済金額は借入金額に比例して大きくなるのが普通なのですが、最近はスライド型返済を取り入れる金融機関が増加してきています。これは月々の返済を固定化し、融資金額に左右される事無く一定の支払をする事で返済を均等化する返済方法です。しかしながらこの返済方法を選択すると、借入金額が大きくなる程返済回数が増え、結果返済金利だけが増加する事で返済総額が非常に多くなってしまうのです。
これによって利用者がイメージしない大きな返済総額になり、最初の返済段階では金利だけを返済するという事態を招く可能性があります。結果的にはどこかの段階でまとめた金額を一括返済する必要性が出てきますので、現状では返済が厳しい方等が一時的に選択する返済方法です。従って金利の安いサービスを選択しても、返済方法によっては結果的には返済総額には貢献しない可能性があります。返済方法を誤らない為には、シミュレーションを確実に実施すべきでしょう。

このページの先頭へ