カード利用型の借り入れの注意点

金融 カードローンを現在検討している方について、カードローン特有の色々な注意点について事前に紹介していきます。一見するとメリットであるかのように見えて、利用者に取ってはそうではない場合もありますので、注意が必要です。
まず通常の借り入れとカードローンが最も大きく異なる点は、借り入れ方法と返済方法が非常に沢山のサービスがあり、利用者の選択肢が非常に多いという点にあります。同時に、これらのサービスの選択は利用者に独自のメリットを与えますが、同時に金銭上のデメリットも与える場合があるという事です。ではその具体的な例を挙げて解説していきましょう。
まず借り入れですが、カードローンは融資枠が設定されますので、上限融資額が大きい金額になるのですが、最近のカードローンは融資額が少額からでも可能になっており、小口カードローンを兼ねる様なサービスになっています。これは利用者から見ると少額借り入れも可能な訳ですから、非常に便利に見えるのですが、その一方でデメリットもあります。最近のカードローンは0円から50万円迄、50万円から100万円迄と概ねある程度きりのいい金額によって、それぞれに金利が設定されています。この金利は金額帯によって異なりますので、借り入れについて金利が一定ではありません。
従って金利面での優劣をつけてサービスを選択しても、あまり意味がないという事、また希望する金額帯に絞った借り入れをして返済計画を組んでもそれ以外の使い方をしてしまう可能性が高いというリスクがあります。計画にない借入金額では当然金利は変わりますので、返済計画を立てても意味がありません。要するに今迄の借り入れの半場常識となっていた金利面の優劣で金融機関を選択するという手法がカードローンではあまり役に立たないという事なのです。
次に返済方法についてのリスクですが、カードローンでは返済方法が利用者によって選択できるようになっていますが、その中でスライド型返済という手法が最近多くなってきています。これは返済方法について毎月の返済金額が固定化されるという事なのです。利用者に取っては借入金額に関係なく毎月の返済金額が少額で済むという事が一見大きなメリットに見えますが、実は借入金額が大きくなる程、返済回数が多くなるので、支払金利が増大し、非常に支払総額が増えるのです。金利の低いサービスを選択してもこのタイプの返済方法を選択すると全く意味がありませんので、注意が必要です。
この様にカードローンの場合は利用者が有益に利用する為には申し込むサービスによって注意が必要となります。くれぐれも選択を誤らないようにしてください。

カードローンは借り入れ方法に注意を

金融 カードローンサービスを利用した場合に利用者が注意すべき事柄はいくつかありますが、今回は借り入れ時についてのカードローンの注意点を紹介しましょう。
借り入れ時に注意すべき事は、まず借り入れの方法が多様化してきているという事です。通常であれば金利の低いサービスが金融機関で優劣を決定する際に、大きな要素になっていたのですが、最近のカードローンサービスではそうも言えない状況があるのです。最近の借り入れは非常に低額な金額から借り入れが可能になってきているので、小口融資の様なサービスが可能になっている反面、金利が借入金額毎に設定され、借り入れる金額毎にその金利は変動する様な仕組みになっています。
したがって利用者が想定する借り入れ金額によって金利は変動し、金融機関によってその金利の優劣は異なる事があり得る訳です。よってカードローンサービス自体が金利最優先ではなく、サービス内容重視に方向が変化してきている事を利用者が理解する必要があるのです。従って、借り入れ金額をある程度絞った利用方法を考える等、利用者独自に有益な利用方法を考えるようにしなければならないのです。

カードを利用した借り入れの返済は注意すべき

金融 最近のカードローンの返済方法は非常に沢山のオプションの中から、利用者が選択できる自由度があります。しかしながらこの自由度も選択の場合によっては利用者により多くの返済金額を増やす結果になりうるのです。
通常は返済金額は借入金額に比例して大きくなるのが普通なのですが、最近はスライド型返済を取り入れる金融機関が増加してきています。これは月々の返済を固定化し、融資金額に左右される事無く一定の支払をする事で返済を均等化する返済方法です。しかしながらこの返済方法を選択すると、借入金額が大きくなる程返済回数が増え、結果返済金利だけが増加する事で返済総額が非常に多くなってしまうのです。
これによって利用者がイメージしない大きな返済総額になり、最初の返済段階では金利だけを返済するという事態を招く可能性があります。結果的にはどこかの段階でまとめた金額を一括返済する必要性が出てきますので、現状では返済が厳しい方等が一時的に選択する返済方法です。従って金利の安いサービスを選択しても、返済方法によっては結果的には返済総額には貢献しない可能性があります。返済方法を誤らない為には、シミュレーションを確実に実施すべきでしょう。

クレジットカードの借金をカードローンで一本化

ローンで一本化 クレジットカードの返済方法の一つにリボ払いがあります。リボ払いは、毎月指定した金額で借金を返済していく方法であり、10万円借りても100万円借りても、月1万円ずつ返済すると指定すれば、毎月1万円ずつお金を振り込むだけでよいのです。そのため、高額商品でもリボ払いで手軽に購入することができますし、ショッピングだけでなくキャッシング機能もリボ払いで返済できます。キャッシングは、現金を直接手に入れることができるので、ショッピングだけでなくギャンブルや医療費の支払い、ローンの返済などさまざまな用途に利用できます。場合によっては、ショッピング枠で購入した金額をキャッシング枠で返済する方もいるかもしれません。しかし、クレジットカードのキャッシング枠は利用限度額が低めですので、すぐに限度額に達してしまいます。そのため、また別のクレジットカードを契約し、限度額に達したらまた別のカードを利用する……そうこうしているうちに、3枚も4枚もクレジットカードのキャッシング枠を使ってしまい、クレジットカードの審査にも通りにくくなります。クレジットカードのキャッシングも、総量規制の対象ですので、すべての利用額を合わせて年収の3分の1を超えることはできません。そのため、いつまでもクレジットカードのショッピング枠・キャッシング枠を使い回すことはできず、借金返済に尽力しなくてはならない時が来ます。リボ払いで膨らんでしまった借金を返済するためには、繰上返済でどんどんお金を返していくことが望ましいですが、複数のクレジットカードを利用していると返済日がたくさんあって大変ですよね。クレジットカード会社によってはリボ払いの金利が高く、返済しても元金が減りにくいというケースもあります。そのような時は、より低金利のカードローンで借金を一本化してしまうことをおすすめします。とくに銀行系カードローンは金利が低く、総量規制の対象外ですので年収を気にせず借入することができます。また、おまとめローンという多重債務者向けの商品もありますので、借金の返済のみを目的とする場合は、おまとめローンを利用することをおすすめします。借金を一本化すれば、金利負担が減少しますし、返済日も月1回になるので精神的余裕も生まれます。もちろん、借金を返済している途中でまた借金を重ねてしまっては元も子もありません。クレジットカードで多重債務に陥ってしまった方は、クレジットカードを1枚だけ持ち、あとは解約してしまうことをおすすめします。

審査に厳しいって本当?

信用情報機関は基本的に異なるの 銀行系カードローンは審査基準が高いというイメージがありますが、一概にそうとも言えません。というも、銀行系カードローンにもさまざまな商品が存在しており、「年収何百万円以上から申込可能」という年収制限があるカードローンもあれば、年収制限がなく、アルバイト・パート・派遣社員・契約社員でも利用可能なカードローンもあります。また、審査に甘いカードローンなら、無職や専業主婦でも申込可能です。もちろん、返済能力に合わせて融資限度額が設定されるため、無職や専業主婦の場合、融資限度額が10万円以下ということも珍しくありません。ただし、専業主婦の場合、夫の同意があれば50万円以上の融資を受けられる可能性があります。審査の甘い銀行系カードローンの多くは、銀行が融資を行い、消費者金融やクレジットカード会社など、他の貸金業者が運営しているパターンです。融資を行う銀行としては、消費者金融を利用する客層にも触手を広げることができる、業務を簡素化できるというメリットがあり、銀行以外の貸金業者にとっては、銀行の資金力を頼りにできる、銀行のネームバリューを利用できる、総量規制の対象外になるなどのメリットがあります。このように消費者金融と提携している銀行系カードローンでは、審査基準も消費者金融に準じて甘いですので、あまり年収がない、働き方が不安定という方も、気軽に申し込むことができます。ただし、銀行は消費者金融と提携する目的の一つは、消費者金融を利用する客層のデータを集めることですので、銀行系カードローンを利用することで、住宅ローンの審査などが不利に働く可能性もあります。銀行は消費者金融と提携していても、消費者金融を利用する消費者については「収入が不安定」「返済能力に不安がある」として、あまり信用していません。そのため、住宅ローンなど高額なローンを銀行で組む予定のある方は、安易に銀行系カードローンを利用しない方がよいでしょう。どうしてもお金が必要という時は、銀行系ではなく消費者金融系のカードローンを利用しましょう。銀行と消費者金融が加盟している信用情報機関は基本的に異なるので、消費者金融を利用したという個人情報が、銀行に伝わる可能性は低いです。ただし、金融機関によっては複数の信用情報機関に加盟している可能性もあります。どの金融機関がどの信用情報機関に加盟しているかについては、各信用情報機関の公式サイトで確認することができます。

低年収の方におすすめの銀行系カードローン

おすすめの銀行系 一般的に、銀行系カードローンは審査基準が厳しいと言われています。そのため、アルバイトやパートなど収入の不安定な方は初めから銀行系カードローンを避けてしまい、消費者金融などに申し込む方も多いです。確かに、銀行系カードローンは金利が低いぶん、踏み倒しのリスクの低い優良顧客しか相手にしないというイメージがあります。実際、銀行系カードローンの中には一定以上収入のある会社員のみを審査対象としているケースもあります。しかし、同じ銀行系カードローンでも、近年はアルバイトやパートなど、収入の不安定な方を対象としたカードローンが続々登場しています。従来は銀行だけで発行していたカードローンも、消費者金融や信販会社と提携することで、より幅広い層に融資できるようになりました。このような低所得者向けの銀行系カードローンは、審査基準が消費者金融とあまり変わらず、場合によっては消費者金融よりも審査に通りやすくなるケースがあります。たとえば、審査過程で総量規制に引っかかりそうな方は、消費者金融よりも銀行系カードローンがおすすめです。総量規制とは、年収の3分の1以上融資を受けることができないという法律です。たとえば、年収300万円の方が、A社から50万円、B社から40万円借りており、新たにC社から30万円借りようとして審査に申し込んだ場合、A・B・C社合わせて借入が(希望額も含めて)120万円となり、年収の3分の1を超えることとなります。この場合、C社の審査に通る可能性は低くなり、仮に通ったとしても融資額が希望額より低くなる可能性が高いです。しかし、銀行系カードローンは総量規制の対象外ですので、年収の3分の1という規制を気にせず申し込むことが可能です。また、年収がまったくない無職の方も、消費者金融では審査を受けることができませんが、銀行系カードローンでは審査に通る可能性があります。もちろん、無職ですと返済能力が低いと判断されるので、審査に通ることは難しいです。しかし、家族と同居していて世帯収入があるか、配偶者の同意がある場合は、返済能力を認められて審査に通過する可能性が高まります。配偶者の同意がない場合、融資額は10~50万円となることが多いですが、配偶者の同意がある場合は、50万円以上の高額融資も可能なケースが多いです。消費者金融や信販会社の審査に通らなかったという方も、もしかしたら銀行系カードローンの審査に通るかもしれません。初めからか無理と決めつけず、試しに申し込んでみてはいかがでしょうか。

このページの先頭へ